ストリートビュー活用事例

1.ホームページ・ブログなどへ埋込できます。

  • 通常のストリートビューの埋込(撮影事例ページへ) 
  • 新しいメニュー付きのストリートビューの埋込 

2.春夏秋冬、四季折々の風景と一緒に撮影すれば、さらに宣伝効果があります。

3.あえてスタッフも一緒に撮影すれば、よりアピールできます。

4.ストリートビューは、バーチャルツアーともいえます。

部屋ごとに部屋名がわかるように表示すれば、さらにわかりやすくなります。

5.360度ビデオとしてyoutubeにアップすることもできます。

6.名刺などの印刷物にQRコードを表示して誘導します。

7.撮影ポイントマップでよりわかりやすくなります。

ホームページにお部屋の配置図と一緒に埋め込むとより分かりやすくなります。さらに撮影ポイントを表示するとより分かりやすくなります。ご希望によりお作りいたします。参考例はこちら

下記の赤丸が撮影ポイントで、赤線のルートになっています。

湯沢カルチャーセンター撮影ポイント

館内ストリービューポイント図面のPDF(140KB)はこちらです。

 

右下の四角マークをクリックして全画面でご覧いただけます。左のメニューで各部屋にジャンプできます。